講義概要

福祉心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 福祉心理学科4年
講義番号 639 教科名 家族福祉論
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 藤瀬 竜子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
家族と社会福祉の諸領域を交錯させながら、家族という特殊な社会集団の現実を多面的に理解することを目指す。
学生の学習
(行動)目標
・児童・障害者・ひとり親・女性・DVなどに対する家族ソーシャルワークを理解する。
・「こうのとりのゆりかご」を学ぶことにより、家族福祉のみならず、女性福祉、児童福祉の意義や課題を理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ガイダンス 導入 【予習】「家族福祉」について関連文献を読む 4
2回 家族福祉の位置づけ 家族とは何か 家族の機能 【復習】配布資料をもとにノートにまとめる 4
3回 現代家族と社会 家族の変容と社会的要因、家族機能の変化 【復習】配布資料をもとにノートにまとめる 4
4回 家族福祉の展開(1)
 「こうのとりのゆりかご」から見えてくるもの
児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】「こうのとりのゆりかご」について概要を調べてくる
【復習】配布資料を読んでくる
4
5回 家族福祉の展開(2)グループワーク
 「こうのとりのゆりかご」を通して家族福祉を考える
児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】各グループで担当箇所をまとめ発表の準備をする
【復習】発表内容をもとにノートにまとめる
4
6回 家族福祉の展開(3)発表
 「こうのとりのゆりかご」を通して家族福祉を考える
児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】各グループで担当箇所をまとめ発表の準備をする
【復習】発表内容をもとにノートにまとめる
4
7回 家族福祉の展開(4)発表
 「こうのとりのゆりかご」を通して家族福祉を考える
児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】各グループで担当箇所をまとめ発表の準備をする
【復習】発表内容をもとにノートにまとめる
4
8回 家族福祉の展開(5)発表
「こうのとりのゆりかご」を通して家族福祉を考える
児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】各グループで担当箇所をまとめ発表の準備をする
【復習】発表内容をもとにノートにまとめる
4
9回 家族福祉の課題@要保護児童 要保護児童・障害者・ひとり親・女性の貧困・
DV
【予習】「要保護児童」の現状について調べる
【復習】配布資料をもとにノートにまとめる
4
10回 家族福祉の課題A障害児・者 要保護児童・障害者・ひとり親・女性の貧困・
DV
【予習】「障害児・者」の現状について調べる
【復習】配布資料をもとにノートにまとめる
4
11回 家族福祉の課題Bひとり親 要保護児童・障害者・ひとり親・女性の貧困・
DV
【予習】「ひとり親家庭」の現状について調べる
【復習】配布資料をもとにノートにまとめる
4
12回 女性福祉の意義・現状・課題 児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】女性福祉制度について予習する
【復習】レポート作成準備家族福祉の課題についてノートにまとめる
4
13回 家族福祉を考える 児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【復習】レポート作成準備家族福祉の課題についてノートにまとめる 4
14回 家族福祉の実際
 〜現場からの報告
児童福祉、母子保健、貧困、社会保障、相談
支援、児童の権利
【予習】報告現場について調べる
【復習】講義をもとにノートにまとめる
4
15回 まとめ 全体総括 【予習】これまでの講義資料をまとめ疑問点を明らかする
【復習】配布資料を整理し、レポート作成をする
4
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは授業の中で紹介し、受講者間で共有し、返却する
試験 0%
レポート 70%
学習態度 30% 備考 ・学習態度は、課題へのとりくみ態度、授業中の発言、授業中の態
度等を元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 各講義において毎回レジュメを配布します。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『家族援助論』 柏女霊峰,山県文治 ミネルヴァ書房 2004
2 『こうのとりのゆりかご』が問いかけるもの こうのとりのゆりかご検証会議 明石書店 2010
3 『揺れるいのち』赤ちゃんポストからのメッセージ 熊本日日新聞取材班 旬報社 2010
4 『赤ちゃんポストと緊急下の女性−未完の女性救済プロジェクト』 柏木恭典 北大路書房
履修上の注意事項や
学習上の助言など
大学4年間の福祉の学びの総まとめとして,最も基本的な社会集団としての「家族」という視点から学びましょう

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.