講義概要

福祉心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 福祉心理学科4年
講義番号 631 教科名 相談援助技術演習U
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 平川 毅彦、茶谷 利つ子、花澤 佳代、佐藤 貴洋、海老田 大五朗
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
講義の目的としては、これまで学んだ相談援助の知識と技術および相談援助実習の経験を踏まえ、個別指導並びに集団指導を通し
て、具体的な援助場面を想定した実技指導を中心とする演習形態により、社会福祉士に求められる相談援助に係る知識と技術につい
て、実践的に習得するとともに、専門的援助技術として概念化し理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。     
(1)具体的な相談援助事例を題材として、相談援助場面及び相談援助の過程を想定した実技指導を行う。
(2)地域福祉の相談基盤と開発に係る事例を活用して実技指導を行う。
(3)相談援助実習における体験を踏まえて、集団指導並びに個別指導による実技指導を行う。
学生の学習
(行動)目標
相談援助実習における体験を踏まえて、相談援助に係る知識と技術について個別的な体験を一般化し、実践的な知識と技術として習
得する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション   シラバス、過去に学んだ相談援助技術論のテキスト等に目を通しておく
こと。
1
2回 相談援助における自己覚知 自己覚知 自己覚知の学習に必要な基礎的な知識について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
3回 相談援助におけるコミュニケーション技術 コミュニケーション技術 コミュニケーション技術の学習に必要な基礎的な知識について調べ学習
を行うこと。(予習・復習)
1
4回 個別相談事例の検討(1)(高齢者) 高齢者福祉サービス 介護保険制度 高齢者福祉サービス、介護保険制度の学習に必要な基礎的な知識や制度
について調べ学習を行うこと。(予習・復習)
1
5回 個別相談事例の検討(2)(障害者) 障がい者福祉サービス 障がい者支援法 障がい者福祉サービス、障がい者支援法など、学習に必要な基礎的な知
識や制度について調べ学習を行うこと。(予習・復習)
1
6回 個別相談事例の検討(3)(児童) 児童福祉法 児童福祉サービス 児童福祉法、児童福祉サービスなど学習に必要な基礎的な知識や制度に
ついて調べ学習を行うこと。(予習・復習)
1
7回 個別相談事例の検討(4)(低所得者) 生活保護法 低所得者向けサービス ホームレス 生活保護法、低所得者向けサービス、ホームレス支援など学習に必要な
基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこと。(予習・復習)
1
8回 相談援助技術の技法(1)(インテーク) インテーク 面接技術 傾聴 スクリーニング
 リンケージ
必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
9回 相談援助技術の技法(2)(アセスメント) アセスメント アセスメントシート 他職種連
携 訪問調査
必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
10回 相談援助技術の技法(3)(プランニング) プランニング 個別支援計画 ケアプラン 必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
11回 相談援助技術の技法(4)(支援の実施) 介入 必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
12回 相談援助技術の技法(5)(モニタリング) モニタリング モニタリングシート 必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
13回 相談援助技術の技法(6)(地域福祉) コミュニティーワーク 地域課題 地域福祉 
社会福祉協議会
必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
1
14回 相談援助技術の技法(7)(プレゼンテーション) プレゼンテーション パワーポイント 発表態度 プレゼンテーション用資料を作成すること。【予習】 1
15回 まとめ   資料等を整理し、授業全体を振り返っておくこと。【予習】 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
*レポートは評価点を提示する。
*課題の発表内容や発表態度については、発表時に教員がコメントする。
*その他のフィードバック方法については授業開始時、担当教員から説明を行う。
試験 0%
レポート 40%
学習態度 30% 備考 「学習態度」は授業時の発言回数や内容、課題への取り組みの積極
性と達成度で判断します。
「その他」については各担当教員により異なりますので初回授業時
に確認して下さい。
その他 30%
100%
テキスト テキストは使用せず、原則として毎回プリントを配布する。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
相談援助演習Uを履修するためには所定の条件を満たしていなければならない。(学生便覧参照)
自己学習に基づく積極的な発言やワークが求められます。
演習は毎回出席し、主体的に関わることが求められます。遅刻早退せず出席して下さい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.