講義概要

看護学科 2015年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年、看護学科3年、看護学科4年
講義番号 347 教科名 公衆衛生看護技術U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 伊豆 麻子、田辺 生子、坪川 トモ子
授業の概要
(教育目標を含む)
地域に顕在あるいは潜在する健康課題を把握するための技法(地域アセスメント・地区診断)、及び公衆衛生看護の管理的機能につ
いて、実践例を用いながら教授する。
学生の学習
(行動)目標
(1) 公衆衛生看護の活動プロセス(地域診断、計画の立案、実施、評価)を説明することができる
(2) 地域のアセスメント・地区診断に関する諸理論の概要を述べることができる。
(3) 地域アセスメントのための情報収集と分析ができる。
(4) 情報を統合し、地域の健康課題を推察することができる。
(5) 公衆衛生看護の管理的機能を説明することができる。
授業計画
(シラバス)
内容 キーワード
1回 公衆衛生看護活動のプロセスと活動の特徴 公衆衛生看護活動の展開、地域の健康課題、計
画、実施、評価
2回 地域診断・公衆衛生看護活動の展開過程@
−健康課題の特定から計画・実施・評価まで−
公衆衛生看護活動計画、計画策定、連携、住民
参加、目的と目標、評価計画
3回 地域診断・公衆衛生看護活動の展開過程A
-地域の情報収集〜既存のデータ分析-
情報収集、量的データ、データ分析・アセスメ
ント
4回 地域診断・公衆衛生看護活動の展開過程B
-地域の情報収集〜地区視診-
情報収集、質的データ、地区視診、情報の統
合、地域特性
5回 地域診断・公衆衛生看護活動の展開過程C
-地域アセスメントのためのモデル-
プリシード・プロシードモデル,コミュニティ・アズ・パートナーモ
デル
6回 地域アセスメント演習1(地理的特性、物理的環境)@
(第6回と7回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントT
7回 地域アセスメント演習2(地理的特性、物理的環境)A
(第6回と7回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントT
8回 地域アセスメント演習3(コミュニティ・コア)@
(第8回と9回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントU
9回 地域アセスメント演習4(コミュニティ・コア)A
(第8回と9回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントU
10回 地域アセスメント演習5(保健医療・社会福祉)@
(第10回と11回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントV
11回 地域アセスメント演習6(保健医療・社会福祉)A
(第9回と10回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントV
12回 地域アセスメント演習7(コミュニケーション、政治・経済等)
(第11回と12回は同日、連続するコマ)
コミュニティ・コア、サブシステム
情報収集、アセスメントW
13回 地域アセスメントの統合 地域アセスメントの統合 健康課題の推察
14回 演習のまとめ 地域アセスメントの統合と健康課題の推察
健康課題の解決 保健師活動
15回 公衆衛生看護管理 公衆衛生看護管理 行政分野 
対人支援管理 地域管理 組織管理
16回 定期試験  
成績評価 小テスト 0% ・レポートは演習段階別事前課題と成果物により評価する。
・学習態度の評価は、演習の協力姿勢などにより行う。
試験 40%
レポート 45%
学習態度 15%
その他 0%
100%
テキスト 1 標準保健師講座1 地域看護学概論,医学書院.2014
2 公衆衛生看護学 津村智恵子 上野昌江,中央法規.2013
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 地域看護診断 第2版,金川克子・田高悦子 編,東京大学出版 2011
2 Essentials 地域看護学 第2版 木下由美子 編集代表,麻原きよみ他 編,医歯薬出版株式会社,2012
3 コミュニティアズパートナー 地域看護学の理論と実際 第2版,エリザベスT.アンダーソン他 編 医学書院,2007
4 実践ヘルスプロモーション PRECEDE-PROCEEDモデルによる企画と評価,ローレンスW.グリーン 他,医学書院,2005
5 ヒューマンサービスにおけるインタビュー法,安梅勅江,医歯薬出版株式会社,2001
6 地域特性に応じた保健活動-地域診断から活動計画・評価への協働した取り組み,平野かよ子 他,ライフ・サイエンス・センター,2004
7 いまを読み解く保健活動のキーワード,尾崎米厚 鳩野洋子他 編,医学書院,2002
8 新版 保健師業務要覧 第3版 井伊久美子他編集 日本看護協会出版会 2013
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・演習スケジュールにより、授業日程を変更する場合がある。変更後の日程を提示するので、それに従うこと。
・演習はグループメンバー相互の協力により進めること。
・15回のうち2コマは、学外演習を行う予定である。日程は開講時に説明する。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2015 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.