講義概要

看護学科 2015年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年、看護学科3年、看護学科4年
講義番号 341 教科名 精神看護学概論
単位数 1 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 斎藤 まさ子
授業の概要
(教育目標を含む)
精神の構造と機能、精神健康の保持増進、および疾病の予防と回復を援助する精神看護の役割を教授する。さらに欧米と日本の精
神保健医療看護福祉の変遷、精神障害を持つ対象の人権や福祉、精神保健について教授する。
学生の学習
(行動)目標
1.精神看護の目的が理解できる
2.心のしくみと発達について理解できる   
3.ストレスと適応、精神を病むことについて理解できる
4. 精神医療と看護の歴史が理解できる
5.精神医療における倫理と看護の役割が理解できる
6.精神医療における法制度について理解できる
授業計画
(シラバス)
内容 キーワード
1回 1.精神の健康とは 精神健康の基準 精神障害 ICF 精神看護
2回 2.心のしくみと人格の発達(1) 人格 フロイト 認知 感情
3回 3.心のしくみと人格の発達(2) フロイトの発達理論 エリクソンの漸成的発達
理論 対象関係論
4回 4.ストレスと適応 発達危機 状況的危機 ライフサイクル
5回 5.家族と精神障害 家族内コミュニケーション 共依存 HEE
6回 6.精神医療看護の人権・倫理(1)精神医療看護の歴史 欧米 日本 精神医療の歴史 人権擁護
7回 7.精神医療看護の人権・倫理(2) 倫理的問題 看護倫理 アドボカシー 人権
8回 8.精神医療と法制度 精神保健福祉法 国連決議 障害者基本法
障害者総合支援法 医療観察法
9回 9.定期試験  
成績評価 小テスト 0% ・講義形式であるが、学習してきたことを活用しながら、意見を出
 し合う参加型を基本とする。
・学習態度20点は、毎回の授業で配布する出席カードに記載されて
 いる課題への記載内容やそこからわかる授業への取り組みを評価
 対象とする。
・その他10点は、授業で出される宿題の提出状況で評価する。
試験 70%
レポート 0%
学習態度 20%
その他 10%
100%
テキスト 「精神看護の基礎」精神看護学[1]医学書院2014
「精神看護の展開」精神看護学[2]医学書院2014
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 看護のための精神医学 中井久夫 医学書院 2013
2 精神看護学ノート 武井麻子 医学書院 2003
3 看護実践・看護倫理 日本精神科看護技術協会監修 2011
4 このケアなるもの 外口玉子自撰集 ゆう書房 2014
5 自己愛の構造 和田秀樹 講談社選書メチエ167 2010
6 新・看護者のための精神保健福祉法Q&A 平成20年版 中央法規
履修上の注意事項や
学習上の助言など
@1単位8回の授業科目である。出席回数には注意すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2015 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.