講義概要

看護学科 2015年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年、看護学科3年、看護学科4年
講義番号 339 教科名 母性看護学
単位数 2 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 渡邊 典子、池田 かよ子、小林 美代子
授業の概要
(教育目標を含む)
妊婦・産婦・褥婦、新生児の正常と異常について身体的・心理的・社会的特性のアセスメントと看護、および妊娠前の女性・家族へ
の支援と医療について教授する。
学生の学習
(行動)目標
@妊娠・分娩・産褥・新生児各期の正常な経過が理解できる。
A妊娠・分娩・産褥・新生児各期の健康状態(身体的・心理的・社会的)に関するアセスメントの視点と方法が理解できる。
B妊娠・分娩・産褥・新生児各期の特徴的な異常を理解できる。
C生殖医療(出生前診断、不妊治療など)について倫理をふまえた看護の方向性を理解できる。
授業計画
(シラバス)
内容 キーワード
1回 出生前診断と不妊治療と看護(池田) 出生前診断の意義と実際 不妊治療と看護
2回 妊娠期:妊娠の経過と胎児の発育(池田) 妊娠の経過および生理 胎児の発育と生理
3回 妊娠期:妊婦の心理・社会的変化(池田) 妊婦の心理 妊婦と家族および社会
4回 妊娠期:妊婦、胎児、家族のアセスメント(小林美) 妊婦の健康状態と不快症状 妊婦の日常生活と
セルフケア 胎児の発育と健康状態
5回 妊娠期の異常と看護(池田) 流産・早産 感染症 妊娠糖尿病 妊娠高血圧
症候群 前置胎盤 常位胎盤早期剥離
6回 分娩期:分娩の三要素、分娩の機序、分娩の進行と産婦の身体的変化(小林美) 分娩の経過と胎児の健康状態 分娩の三要素 
分娩第T期からW期
7回 分娩期:産痛と胎児への影響、産婦の心理・社会的変化(小林美) 産痛とその緩和 分娩の経過と胎児への影響
産婦と家族の心理・社会的変化
8回 分娩期:産婦、胎児、家族の健康面および心理・社会面アセスメント(小林美) 産婦の定義 分娩経過と産婦の健康状態 産婦
と家族の心理・社会的変化
9回 分娩期の異常(小林美) 前期破水 陣痛の異常 胎児機能不全 
産科出血 帝王切開術
10回 産褥期:産褥経過(池田) 産褥の退行性変化と進行性変化 褥婦の心理と
日常生活のセルフケア 母乳育児への支援
11回 産褥期:褥婦のアセスメント (池田) 産褥経過の診断と健康状態 不快症状と対処能
力親役割への支援と適応過程
12回 産褥期の異常(池田) 子宮復古不全 産褥期の感染 乳腺炎 肺塞栓
産後うつ 死産、障害をもつ児を出産した親
13回 新生児期:新生児の生理(池田) 新生児の生理 新生児の形態・機能
14回 新生児期:新生児のアセスメント(池田) 新生児の診断、健康状態、子宮外生活
新生児の栄養と保育環境
15回 新生児の異常(池田) 低出生体重児 早産児 高ビリルビン血症 
先天異常、障害をもつ新生児
16回 定期試験  
成績評価 小テスト 20% 定期試験以外の評価(各担当教員が行なう小テスト等の計)2割
定期試験8割(池田5割、小林美3割)
試験 80%
レポート 0%
学習態度 0%
その他 0%
100%
テキスト 系統看護学講座 母性看護学(2) 医学書院
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 吉沢豊子、鈴木幸子編:女性の看護学−母性の健康から女性の健康へ,メヂカルフレンド社,2000.
2 カール・ジョーンズ、清水ルイーズ監訳:お産のイメジェリー,メディカ出版,1997.
3 ナーシィング・グラフィカ30,母性看護実践の基本,メディカ出版,2009.
4 ナーシィング・グラフィカ31,母性看護技術,メディカ出版,2009.
5 母性看護実習ガイド,昭林社,2007
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2015 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.