講義概要

看護学科 2015年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年、看護学科3年、看護学科4年、福祉心理学科2年、福祉心理学科3年、福祉心理学科4年
講義番号 129 教科名 中国語U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 梁 淑a
授業の概要
(教育目標を含む)
中国の生活や文化を紹介するテキストやビデオを活用して 、中国語の「聞く」・「話す」・「読む」・「書く」能力を高め、
 「使える中国語」を習得することを目指します。
学生の学習
(行動)目標
これまでに習得した中国語の表現を用いて会話および作文の練習をする。
 さらに新しい表現を学んで、より豊かな中国語運用ができるように励む。
 中国の生活や文化についてテキストやビデオを通じて理解を深める。
授業計画
(シラバス)
内容 キーワード
1回 第1課 完了と変化を表す助詞“了”(1) 完了の“了”
2回 第1課 完了と変化を表す助詞“了”(2) 変化の“了”
3回 第1課 継続時間の言い方、学習内容の確認、練習問題 継続時間
4回 第2課 経験を表す助詞“過” 助詞“過”
5回 第2課 回数の言い方 回数表現
6回 第2課 学習内容の確認、練習問題 目的語と語順
7回 第3課 近い将来に発生する事態の表し方 近未来の出来事
8回 第3課 動作の進行の表し方 動作の進行
9回 第3課 副詞“就”と“才”、学習内容の確認、練習問題 “就”と“才”
10回 第4課 “是〜的”構文 取り立て構文
11回 第4課 副詞“再”と“又” “再”と“又”
12回 第4課 助動詞(2)、学習内容の確認、練習問題 助動詞“要”
13回 第5課 助動詞(3)会 助動詞“会”
14回 第5課 助動詞(3)能 助動詞“能”
15回 第5課 助動詞(3)可以、学習内容の確認、練習問題 助動詞“可以”
16回 定期試験  
17回 第6課 結果補語(1)完、好 結果補語“完、好”
18回 第6課 結果補語(2)錯、到 結果補語“錯、到”
19回 第6課 結果補語(3)見、?、学習内容の確認、練習問題 結果補語“見、?”
20回 第7課 方向補語(1) 単純方向補語
21回 第7課 方向補語(2) 複合方向補語
22回 第7課 方向補語(3)、学習内容の確認、練習問題 複合方向補語と目的語
23回 第8課 可能補語(1) 可能補語
24回 第8課 可能補語(2) 可能補語と結果補語
25回 第8課 可能補語(3)、学習内容の確認、練習問題 可能補語と助動詞”能”
26回 第9課 動作・状態の持続の表し方 動作・状態の持続表現
27回 第9課 存在や出現・消失を表す文 存現文
28回 第9課 使役や請求を表す文、学習内容の確認、練習問題 使役表現
29回 第10課 比較の表し方(1) 比較文
30回 第10課 比較の表し方(2) 比較文の否定
31回 第10課 様態補語、学習内容の確認、練習問題 様態補語
32回 定期試験  
成績評価 小テスト 30% 前回の授業の理解度を問う小テストを毎回実施する。
 学習態度は授業中の発言や受講態度をもとに評価する。
試験 60%
レポート 0%
学習態度 10%
その他 0%
100%
テキスト 書名:中国語のかたちづくり  著者名:陽凱栄・張麗群 出版社名:白帝社 出版年:2012
履修上の注意事項や
学習上の助言など
中国語Tの単位を取得済みであること。
 中国語を音声のみでやりとりができるようになるためには、日頃から声に出してトレーニングするよう心がけてください。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2015 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.