講義概要

看護学科 2015年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年、看護学科3年、看護学科4年、福祉心理学科2年、福祉心理学科3年、福祉心理学科4年
講義番号 114 教科名 経済学
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 齋藤 忠雄
授業の概要
(教育目標を含む)
人類は、生誕とともに、生産と消費を中心とする経済活動を続けてきた。人間生活の物的基礎なすこの経済活動は、この間、た
んに高度化してきただけではない。その社会的あり方は歴史上、量的変化とともに段階的に、また国や地域ごとに個性を持って発展
してきた。
 本講義は、そのような視角から、現代日本経済の主要な論点について講じてゆく。各項目に通底しているのは、明治維新以来の日
本的特質と日本経済の国際的位置の確認である。講義全体として、経済社会の構造的転換の根拠や意義を踏まえつつ、日本経済の総
体的・体系的把握を目指したい。
学生の学習
(行動)目標
・経済学および日本経済に対する理解を深める。
・社会問題に対する関心を高め、多様な視角から「現代の史的構造」を解明する。
・私たちがどんな社会に生きているか、それを経済の構造的転換にそくして考察してゆく。
・現代経済を自主的に分析する能力を培う。
授業計画
(シラバス)
内容 キーワード
1回 経済学の課題 経済学を学ぶ意義、経済原則、商品経済、経済
法則
2回 日本経済の近代化 明治維新〜第2次大戦、地租改正、政府主導経
済政策、工業の発展と農業の衰退
3回 第2次大戦後における日本経済の時期区分 戦後改革、高度経済成長、石油ショック、産業
の転換、長期停滞経済
4回 1.産業構造 重化学工業・公共事業、軽薄短小、サービス経
済、知識情報経済、農林水産業
5回 2.就業 潜在的失業率、労働力不足、女性の社会進出と
ジェンダー、非正規雇用、外国人雇用
6回 3.企業経営 日本的企業経営、系列、合理化、自営業の興隆
と後退、企業の海外進出
7回 4.国際経済(1) 国際競争力の強化 資本・科学技術・労働力、GATT,貿易収支
の赤字国から黒字国へ、経済大国
8回 5.国際経済(2) 貿易摩擦 ニクソンショック、変動相場制、ドル高・円
安、日米構造協議
9回 6.国際経済(3) グローバル経済 グローバル化、海外投資、国内産業空洞化、貿
易収支の赤字化
10回 7.地球環境問題 大量生産・消費・廃棄、公害、都市問題、維持
可能な開発、循環型社会
11回 8.金融(1) 資金不足下の日本金融 急増する投資資金、低金利政策、政府系金融機
関、IMF
12回 9.金融(2) 金融ビッグバン 金融自由化、物価の変動、不良債務・債権、バ
ブル経済、公債・海外投資
13回 10.少子高齢社会 合計特殊出生率、人口の増加から減少社会へ、
就業女性の仕事・育児両立問題
14回 11.福祉国家と財政 高福祉高負担、構造的財政赤字、財政による所
得再配分機能、
15回 むすびにかえて ポスト福祉国家
16回 定期試験  
成績評価 小テスト 0%  
試験 100%
レポート 0%
学習態度 0%
その他 0%
100%
テキスト 特定のテキストは使用せず、統計を含む詳細なレジメを配布します。この方式は、受講生にとって、板書やパワーポイント中心方
式より便宜
なはずです。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 中村隆英 『日本経済』 東大出版会、2008年
2 三和良一 『概説日本経済史 近現代』 東大出版会、2012年
3 金子、神野 『失われた30年』 NHK出版、2012年
4 三橋、内田 『ゼミナール 日本経済入門』 日本経済新聞出版社、2013年
5 宇沢、内橋 『新しい経済学は可能か』 岩波書店、2009年
6 武田晴人 『脱・成長神話』 朝日新聞社出版、2005年
7 橋本、他 『現代日本経済』 有斐閣、2011年
8 佐藤俊樹 『労働』 岩波書店、2010年
9 三輪、原 編 『近現代日本経済史』 東大出版会、2010年
10 内閣府 編 『経済財政白書』 国立印刷局、2015年
履修上の注意事項や
学習上の助言など
一般にこの科目を理解するためには、高校社会科をマスターし、かつ現代経済に対する高い関心が必要である。
 なお、質問は講義終了後、教室にておこなってください。その説明は翌週の講義初めに受講者全員に対して行います。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2015 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.